WEBをおおいに使い世界をひろげよう

オリジナルの漫画を描いてWEB公開

WEBをおおいに使い世界をひろげよう
自分でオリジナルの漫画を作成して、それをWEBサイトに公開し、沢山の人に見てもらえたら嬉しいと思いませんか。しかし、漫画なんて私には描けないと思っている方も多いと思います。たしかにペン一本で手描きで白紙に向かっていくのは難しいかもしれませんが、インターネットやパソコンが発達した現在、予め用意された素材を組み上げていくだけで、お手軽に漫画が作れてしまいます。そのための方法と出来上がった作品の公開方法を紹介しましょう。

プロが描いたキャラクター素材を組み合わせて、画面に貼り付け、セリフを付加していくだけで漫画作品が作れるツールがいくつか登場してきています。作る側としては、シナリオと登場人物の演出のみに専念すればよく、漫画家というよりは映画監督の立場の方が近いしわかり易いかもしれません。そういったソフトは手頃な値段で提供されているので購入して利用するのが一番の近道ですが、用意された素材を貼り付けてセリフを入れるだけであれば、グラフィックツールでも実現可能です。

基本的な仕組みは簡単です。タグと呼ばれる書式で、文章を囲むというのが基本です。例えば、ある文字を太字で表示したいと思ったら、その文字を太字にするためのタグで前後を囲めばいいのです。これを踏まえてソースの文章を見てみてください。文書がタグで囲まれている部分を見つけることができるでしょう。HTMLはテキストで作成されているので、メモ帳などのテキストエディタを使うことで作成することができます。